Bundeswehr Airsoft & Milsim ドイツ連邦軍 装備 エアソフト & ミルシム

Bundeswehr Airsoft & Milsim
ドイツ連邦軍 装備 エアソフト & ミルシム

2020年8月13日木曜日

エアソフトでのG36K KSK仕様再現

ドイツ連邦軍 KSK(KommandoSpezialkräfte)仕様のG36Kのエアソフトガンでの再現を改めて記事にしました。

まずはG36KA1、2001年頃から2014年頃まで使われていました。KSK仕様のG36Kとしては最もメジャーかと思います。仕様についてはアントン重工業さんの記事ポン酢さんの記事を参照して下さい。

このバリエーションに関してはそのものな仕様のガスガンがVFCより「G36KSK V2 GBBR」として発売されていますので、それをベースに足していくのが最も簡単でしょう。(電動ガンでの再現はこのあと東京マルイ製を取り上げますのでこのまま読み進めて下さい)

VFC G36KSK V2ベース

足していくものとしてまずホロサイトはEotech552です。レプリカでも年代的に古いタイプのロゴのものが良いかと思います。操作パネルがフラットなボタンのタイプがよく使われていますが凸ボタンのタイプも使われていますので気にならなければ良いかと思います。×3 Gen2ブースターもよく併用されていますので実物、レプリカともに古いもので入手難かもしれませんが入手出来れば併用しても良いですね。

倍率のあるサイトとしてはELCAN Spector DR gen3 5.56 1-4×もよく使われています。上の画像ではEvolution Gear製のレプリカを載せています。

ライトはLLM01でVFCとElementからレプリカが発売されています。

Element製は新旧ありまして、新型が発売された際にレビューして下さっているブログがありますのでそちらを参照して下さい。ちなみに当初新型はライトなどの機能のないダミーでしたが後に実用できるタイプが発売されました。
スイッチ類 左上:実物丸形スイッチ 左下:VFC丸形スイッチ
 右上:実物テープスイッチ 右下:Elementsテープスイッチ
KSKでは丸形スイッチもテープスイッチも使われていますが、丸型スイッチは上の写真のものと違いコネクターがストレート(L字ではない)で、ケーブルが短いものです。VFCのものはスイッチ自体がやや大きいのですがコネクターとケーブルの長さはそれっぽいのでベルクロバンドを付け足してやればそれらしくなりそうです。
テープスイッチのほうはフォアグリップにテープで巻いてしまえば使用時は握っていてあまり外観が気にならないかと思います。ケーブルは実物はフレキシブルパイプで覆われているのでそこは目をつぶる方向で…


フォアグリップはKACのHKフォアグリップや米軍でよく見るGPS(グリップポッドシステム)がよく使われています。ドイツ連邦軍納入のHKフォアグリップはLLM01のスイッチをスリットに差し込める機能が付いています。この納入タイプも使われていますが、通常のKACタイプも使われていますのでどちらでも。

サイレンサーもKACを使っています。VFC G36KSK V2であればVFC製のKAC M4QDサイレンサーをそのまま取り付けることが出来ます。厳密にはドイツ連邦軍納入モデルの刻印は異なる可能性が高く正確な刻印がよく判らないので気になる人は調べてくれるとありがたいです。

VFC KAC G36QDハイダー(KSKハイダー)は以前から単体パーツとして発売されていまして、G36KSK V2以前の旧型は先端の切り欠きが無い為サイレンサーが定位置まで差し込めず装着できません。いま販売されている単品はG36KSK V2と同じ切り欠きのある形状になっていますので、これから購入する方は中古品や古い在庫品は要確認です。

お気づきかと思いますがKA1はレールハンドガード等KACのパーツが多く導入されており、スリングスイベルもKAC製です。

スリングはV-Tacスリングのコヨーテがよく使われていますが、現行製品はマイナーチェンジしてしまったので旧型が手に入ればそちらを使いましょう。


次に電動ガン、東京マルイ製のG36KA2をベースにKA1仕様にしたものです。
東京マルイ G36KA2 AEG ベース

上の写真はハンドガード(RAS)、トップレール、フラッシュハイダーはG36KSK V2発売以前よりカスタムパーツとして発売されていたVFC製です。マルイのフレーム形状からRASとフレームの間に大きな隙間が出来てしまいますのでレールカバーで隠しています。トップレールは若干のネジ穴拡大、調整とはめ込みが硬いのでプラハンマーで叩いて装着しています。ハイダーはそのまま装着可能です。

BUISは前後とも東京マルイMP7のものを流用しています。ご存じの通りマルイのMP7はリアルサイズよりやや小さいのでBUISも小さいですね。出来ればリアルサイズに近いVFC製推奨です。

VFC製パーツは元々GBB用ですのでマルイAEGに装着するには加工や工夫が必要になりますが、Begadi製パーツは各社AEGを想定しているようで、RASは実物とは若干寸法が違ってしまいますが長さが延長されて隙間が出来ないようになっているようです。トップレールもVFC製より装着しやすいようです。ハイダーも発売されていますのでこれで揃えることも出来ますね。

ストックはマルイKA2のストック(フルサイズストック)を実例に基づいて切って繋いで短縮するカスタムを施しています。実際のKA2も途中からCサイズストックに切り替わったのでマルイCストックを入手して交換するのも良いでしょう。もちろんフルサイズストックのまま使われている例も多いのでそのままでも問題ありません。

KA1については以上で、次は2015~現在まで使われているG36KA4の再現について以前の記事では触れなかった部分や更新された部分について


ストックとトップレールは以前の記事と同じです。トップレールはUFC製も入手したのですがこちらも穴位置の加工は必要でした。

ハンドガードはB&Tタイプから写真のものになり再現度があがりました。サイドのHKeyレールはとうげんきょう氏製作の3Dプリント製です。KA4はマグキャッチボタンが人差し指で操作しやすいようトリガーガード方向に枝が伸びているものになります。またLLM01のスイッチはレールに取り付けられる専用ホルダーに挿しています。スリングスイベルはKA4用スイベルが入手出来なかったので適当なスイベルを加工して似せています。(と書いている今さっき入手出来そうな話が転がりこんできたので入手出来たら追記します)

スリングは以前のV-tac製から近年使用例が増えてきた5.11製V-tacスリングにしました。以前から少し使用例が確認されていたのですが、EGB中隊などへのKA4の普及に伴ってKSKでもEGBでも使用例が多くなっている気がします。おそらく以前は特殊部隊だけの使用だったものがKA4とともに一般空挺へも支給されることになるにあたって生産納入能力や価格などで5.11製に軍配が上がったのではないかと想像しています。

同じコヨーテなのですが色が全然違いますね。使用例の画像でも違いが分かります。あとは樹脂のスライダー(日の形のパーツ)の色や伸縮させる金具の取っ手が異なります。

G33マグニファイアもEXPS3とセットで支給されているようで使用例が多いので、Evolution Gear製レプリカを装着しています。良い出来で実物のEXPS3と並べても遜色ありませんね。

上の写真はVFC GBBベースですが、マルイなどのAEG用のハンドガードの3DプリントCADデータが販売されているので、これをDL購入してDMMなどの3Dプリント屋さんにオーダーすればパーツ入手可能です。

最新はG95Kでは?とお思いでしょうが、まだ装備再現が難しく意欲が沸かないのでご容赦下さい。新型小銃の採用も控えていますし。

ドイツ連邦軍、特にKSKの装備を扱うことの多い当ブログですが、最もアクセス数の多い記事は先述の「VFC G36KのKA4モドキカスタム」記事でして、やはり装備よりエアソフトガン関係の関心が高いようなので、エアソフトガンから入ってKSK装備の記事も見てもらえたら良いなとKSK仕様再現のG36Kを改めて記事にしてみました。突貫更新なので実際の使用例の画像は省略しましたのでhttp://photobw.info/など参照してください。

追記:スリングスイベルとHkeyレールを交換しました。


スリングスイベルはB&Tの樹脂製が支給されているようです。H&Kの金属製を入手した方から使われている物と表面の艶が違うと聞いていたのですが、これでやっと理由が分かりました。H&K製より価格が大分安いことから支給されているようです。

Hkeyレールは純正ショートタイプ(74mm)です。締め込みトルクが書いてあって格好良いんですがLLM01のスイッチホルダーやら付けると見えなくなってしまうんですよね。



細かいところなので全体の雰囲気はあまり変わりませんね。
下に敷いてるのはドイツ連邦軍支給のブランケット。

0 件のコメント:

コメントを投稿