Bundeswehr Airsoft & Milsim ドイツ連邦軍 装備 エアソフト & ミルシム

Bundeswehr Airsoft & Milsim
ドイツ連邦軍 装備 エアソフト & ミルシム

2017年9月25日月曜日

PEACE COMBAT GAMES VOL.9 at 東京サバゲパーク

参加してまいりました!装備着てゲームしたり出店を見たり牛ハラミ丼食べたりウロウロしたり写真撮ったり楽しみました。たまにはお祭りも良いものですね。
ニールさんと








CP AC Combat Shirt MC
CP G3 CombatPants MC
LHT Plattenträger Gen.Ⅲ
LHT G36 Einzelmagazintasche Gen.Ⅱ *2
LHT G36 Doppelmagazintasche Gen.Ⅱ
LHT Pistolen Einzelmagazintasche 2er
LHT DM25 Tasche
LHT Trauma Kit
TAG MBITR Pouch
Eagle Industries Modular Assault Pack
LHT EinzelWerkzeugtasche
LHT Modularer Ballistikgürtel
Eagle Industries Extraction Quick Release Belt Replica
LHT 40mm 4er Tasche
BHI SERPA Lv.2 USP(w/G-Code Beltslide)
Combat ID Thermal Panel(TIP13)
LHT Abwurfsack Gen.Ⅱ
CP AirFrame Helmet Replica (w/CP Cover)
BHI OD Balaclava
TAG Tactical Arm band
BHI S.O.L.A.G. Full Finger Gloves with Kevlar
LHT Cobra riggers belt
Yates safety Retention Lanyard
MERRELL Chameleon3 Stretch

お馴染み「SpeedActionSurprise」等を参考にしつつ2013年頃を意識したKSK アサルターです。CQBで動きやすい格好のつもりです。当初テーマも無く何となく組んでみたらRAIJIN DRUMS 2017」とほぼ同じような構成になってしまったので、最近買ったEagle MAPを加えつつ個別の使用例の再現ではないがこの頃のKSKのセオリーは逸脱しないというテーマで組みました。2014年頃からプレキャリがGen.Ⅴに変わりますのでGen.Ⅲを使っている末期といった感じです。MERRELL Chameleon3 Stretchの使用例画像は’14年のGen.Ⅴ使ってる隊員なんですが、靴自体は’10年頃に出たモデルなので全然有りだろうといった具合。そもそもそれを’14年で使ってるって買うのが遅かったのか大事に使っていたのか...

プレキャリの右カマバンの背中側にはいつもユーティリティやマガジンポーチを付けていたんですが、今回はすっきり空けて利き手を動かしやすいスタイル。

マガジンはピストルも含めてプレキャリフロントにまとめ、自分用フラバンをバリスティックベルトの左側に。
こんな感じ


そして今更ながらの新アイテムEagle Industries Modular Assault Pack(以下Eagle MAP)。
MAP自体の使用例は多いんですが使われている製品がいくつかあるようでメーカーが分からない。



ウェビングが付いているタイプが多く見られるんですがLBTのモデルに似ていますがサイドのLBTロゴマークのタグがありません。オーダー品という可能性もあるかもしれませんし、T3 gearが以前出していたモデルだという話も海外フォーラムで見ました。

コヨーテタン(カーキ?)のタイプも使われています。
ウェビングのないタイプもたまーに...Eagleかな?とも思うんですが。
というわけで微妙なのです。良くわからないメーカーの安いウェビング付きのMAPを似せるように細部を改造するか、LBTのを買ってロゴタグを剥がすなどしてみるのも良いかもしれません。

あと地味に、V-tac mk2スリングを以前から使っていいたオリーブのからKSKで使用例が多い、というか使ってるのはほぼこの色なコヨーテに置き換えました。私はV-tac製のにしましたが5.11のブランドで売られているV-tacスリングも使われています。

次回は'10アフガニスタンで空挺G3射手な感じの予定です。


0 件のコメント:

コメントを投稿