Bundeswehr Airsoft & Milsim ドイツ連邦軍 装備 エアソフト & ミルシム

Bundeswehr Airsoft & Milsim
ドイツ連邦軍 装備 エアソフト & ミルシム

2017年3月20日月曜日

PMGでAirSoftGame at QUEEN

 お友達に誘われて貸し切りゲームに参加してきました。QUEENは初めてのフィールドだったんですがオブジェクトの配置が良くて面白いフィールドでした。撮影に向いているようなオブジェクトではないんですが。




CP CombatShirt AC MC
CP CombatPants AC 5ftd Replica
LHT Plattenträger Gen.Ⅲ
LHT G36 Einzelmagazintasche Gen.Ⅱ*2
LHT G36 Doppelmagazintasche Gen.Ⅱ*2
LHT 40mm 4er Tasche Gen.Ⅰ
TAG MBITR Pouch
LHT Ladungstasche
LHT Trauma Kit
LHT Werkzeugtasche
TAG MOLLE Small (50oz) Hydration Pouch
LHT Modularer Ballistikgürtel
Eagle Industries Extraction Quick Release Belt Replica
LHT Abwurfsack Gen.Ⅱ
LHT 2er Pistolen Einzelmagazintasche
BHI SERPA Lv.2 USP(&G-Code Beltslide)
Combat ID Thermal Panel(TIP13)
TC APH Replica
TAG Tactical Arm band
BHI S.O.L.A.G. Full Finger Gloves with Kevlar
Vtac Cobra riggers belt
Yates safety Retention Lanyard
MERRELL Chameleon3 Stretch

 上MC ACコンシャツで下5ftd ACコンパンという組み合わせを「SpeedActionSurprise」で見た気がしての前回の予告だったのですが、実際確かめてみると載っておらず他の収集画像にもないということで記憶違いだったようです…が特に装備合わせとかもないサバゲなので着たい物を着ていくことにしました。どちらも最近買ったので着たいんですよ!
イメージとしては'11年頃のKSKで、しばらく前に買って未使用だったアイテムを使いたかったのでDAのCQBを意識して組みました。

 そのアイテム。
MCのコンシャツ、TAG 50ozハイドレポーチ、LHTトラウマキットと
カーキアイテムで背面の5ftd成分が少なくてコレはコレで良い感じ。
 チャージポーチ(Ladungstasche)のウクライナテイラー製レプリカです。詳しくはアントン重工業さんの記事を参照してください。
ツールポーチ(Werkzeugtasche)の方は先に入手して使っていたんですが、やはりセットで使うと良いですね。
テイラーにもこの色のマテリアルの在庫がもう無いそうで入手出来て良かったです。


こんな感じでカマバン、背中やベルトに。
装着位置はチーム内の役割やポジションによって変わるのだろうと思っています。
自分で取り出す、使う人はベルト等取り出しやすい位置に。チームメイトに取り出して使ってもらう人はカマバン後方や背中にといった具合ですね。
適当に自作したリニアチャージを入れています。

LHT 40mm 4erTascheも、以前はポーランドテイラー製レプを使っていたのですがそちらはエラスティックバンドのなくポーチ底の形も異なる初期モデル(Tac-taiタイプ)を再現したもので(ちなみに先日のJPC会で着けていたMCの物も実LHT製の初期モデル)、エラスティックバンドのついた実LHT製に置き換わりました。
しかしこのモデルだとダミーのMK13を短く切断して作った2bangが実物MK13より太い為かなりキツいというか各ポーチが膨らんで干渉しあって4つは収まりません。
今回は使用済み実ガラを入れましたが、ダミーMk13を入れようと思っている方は注意が必要です。
向かって左2本は使用済み実物(ダミーからフューズを移植しています)
右端がショート加工のダミー。太い。
何かに引っ掛けたのか5ftdACコンパンのサイドポケットに早くも破れが出来て悲しい...

0 件のコメント:

コメントを投稿